Construction Equipment Japan

大型ホイールローダVolvo L200HHL

  • 35,000 - 40,000 Kg

1974年、世界初のハイリフトホイールローダを発表したメーカーであるボルボから、新型L200H ハイリフトが登場します。前モデルL180H ハイリフトの成功に基づいて開発されたこの機械は、伐採用途における生産性の向上と運用コストの削減を実現します。

お問い合わせ 詳細・仕様が記載されたL200H High Liftパンフレットをダウンロードしてください。 (PDF, 1.8MB)
概要

林業の生産性を向上

1974年、世界初のハイリフトホイールローダを発表したメーカーであるボルボから、新型L200H ハイリフトが登場します。前モデルL180H ハイリフトの成功に基づいて開発されたこの機械は、伐採用途における生産性の向上と運用コストの削減を実現します。

仕様

製品の詳細仕様に関してはカタログをダウンロード頂き参照ください。より詳しいご質問、お問い合わせ等はお近くのボルボ建機ディーラーへお問い合わせください。

木材グラップル 3.4 - 4.3
運転質量 35,000 - 40,000 Kg
エンジン Volvo D13F
最大出力 - 回転数 1,300 - 1,400 rpm
…SAE J1995 グロス 246 kW
... ISO 9249、SAE J1349 ネット 245 kW
最大トルク - 回転数 1,000 rpm
…SAE J1995 グロス 2,030 Nm
... ISO 9249、SAE J1349 ネット 2,024 Nm
タイヤ 875/65R29代替775/65R29

画像はイメージです。実際の車両の外観および機能は、市場やモデルにより異なる場合があります。

特長

1974年から受け継がれる実証されたコンセプト

収納スペースの拡充、起伏の多い地形での高速走行、現場での準備とメンテナンス費用の削減を実現するボルボのハイリフトホイールローダは、従来の木材処理機械を上回る生産性をもたらします。

処理容量を最大27%アップ

前モデルからさらにパワーアップしたL200H ハイリフトは、より大容量のグラップルを装備し、より重い積荷を運搬できるようになりました。さらなる補強を加えたこの機械は、時間あたりの処理容量 (m³/h) を向上させるよう設計されています。

効率的なパフォーマンス

L200H ハイリフトは、前モデルで実証された技術に基づいて開発されており、ボルボの機械に期待される優れた燃費効率を実現します。

ロードアシスト

ボルボ・ホイールローダの潜在能力を最大限に引き出し、作業の生産性、効率、収益性を高めるために設計された、さまざまなツールをご利用ください。

快適性と生産性の向上を実現

ハイリフト専用の新機能を搭載し、オペレーターの快適性と生産性を高める市場最高水準のキャブを体験してください。

稼働時間を最大限にアップ

長期の耐用年数、メンテナンス要件の低減、サービスポイントへの容易なアクセス、さまざまな補完サービスにより、メンテナンスコストを抑え、最大限の稼働時間を実現します。
アタッチメント

ボルボアタッチメントを使用してこそ、当初ボルボを購入されたときに望んでおられたもの - 最大限の生産性とアップタイム - を手に入れることができます。ボルボは幅広いアタッチメントを開発・提供し、卓越した柔軟性と汎用性をお客様にお届けしています。ビジネスのチャンスを広げ、生産性を高めるアタッチメントの数々です。表示されるアタッチメントは一部の市場でご利用いただけない場合があります。ご利用いただけるアタッチメントについては、ディーラーにお問い合わせください。