Construction Equipment Japan

世界ラリークロス選手権とのパートナーシップ

電動化革命をリードする

電動化社会の実現に向けた取り組みは、ボルボ建機がただ賛同し参加する変革ではなく、ボルボ建機が先導するレースです。なぜなら、もう待つことはできないからです。

建設機械メーカーの中で最も幅広い電動機械の製品群と充電ソリューションを備え、ボルボ建機は業界の先頭に立ってカーボンニュートラルの未来に向かって進んでいます。

このような流れから、同じようにラリークロスレースの変革を目指すFIA世界ラリークロス選手権とのパートナーシップが生まれました。その急速の進化は、ボルボ建機に欠くことのできない持続可能なソリューションへの移行をまさに反映しています。

ボルボ建機は、公式建設機械サプライヤー・公式コース建設パートナーとして、持続可能な変革にパワーとパフォーマンスの妥協は必要ないということを実証しています。両者が掲げる共通の大きな目標、ゼロエミッションドライビングはいまだかつてないほどにエキサイティングです。では、その実現方法は?

コースの建設

世界を代表するエキサイティングなレーストラックでのコース建設では、最高のスリルを体感できるようにすることに注力しています。わずか数センチメートルの調節でも、大きな違いが生まれます。ボルボ建機を代表する機械とサービスソリューションが、排出を最大限に抑えながら、アドレナリンが湧き上がる興奮を実現していきます。エシルストゥーナにあるダイナミックテストコースを使って各特徴を設計・試験し、しびれるようなアクションをすぐ目の前で体験できるようにしています。

ボルボ建機のコース建設作業の続きを読む

事故車両の回収

コース上のすべてのコーナーやカーブで何が起こるか予測することは不可能ですが、その場所にいるすべての人の安全は確保することができます。世界初となるボルボ建機の事故車両回収ソリューションによって、事故発生直後に電動ラリークロス車両をコースから最も安全な条件で素早く効率的に回収することが可能です。FIAに採用された分野初となるこのソリューションは、ボルボとENGCONとGranfors Racingとのパートナーシップによって開発されました。

ボルボ建機独自の安全回収ソリューションの続きを読む

ダイバーシティを推進する

ボルボ建機は、モータースポーツも建設分野と同様にすべての人に平等に開かれるべきだと信じています。表彰台に性別は関係ありません。それをはっきりと表しているのが、ボルボ建機の独立したConstruction Equipment Dealer Team(CEディーラーチーム)です。世界ラリークロス選手権初となるジェンダーバランスの取れたドライビングデュオです。このようにして、ボルボ建機はモータースポーツの境界を押し広げながらベストを目指しています。

CEディーラーチームの続きを読む

実際の様子をご覧ください。社会の電動化を加速させるひとつのツールとなるパワフルなパートナーシップをショートビデオで紹介しています。

ボルボ建機 x FIA世界ラリークロス世界選手権

2023年 日程(暫定):

6月17~18日ノルウェー、ヘル
7月1~2日スウェーデン、ヘリェス
7月22~23日イギリス、ライデン・ヒル
8月5~6日ベルギー、メテ
9月9~10日ドイツ、エステリング
10月21~22日南アフリカ、ケープタウン
11月25~26日アジア(後日発表)

世界ラリークロス選手権の詳細は以下のページをご覧ください。https://www.fiaworldrallycross.com/world-rx/

モータースポーツの持続可能性と多様性の基準に挑戦する新しい電気ラリークロス選手権に参加する建設機械ディーラーチームを是非フォローしてください。
詳細情報: www.cedealerteam.com