Construction Equipment Japan
Volvo L25 Electric および ECR25 Electric ゼロエミッションのバッテリー駆動式電気建設機械。
変革は、今ここから始まります。

静寂性を伴う持続可能な進化への取り組み

エミッションフリーの建設事業の未来は既に始まっています。当社の電動式建設機械は、低騒音、低振動で排気ガスを排出しないとともに、高性能を発揮します。事業転換を図るときが来たかもしれません

当社の電動式建設機械により、スムーズに新たな事業機会を見つけることができます。これらの機械により、新たな環境で夜間であっても、騒音などの注意が求められる屋内環境であっても作業が可能になります。競合他社が眠りについている間に作業を成し遂げることができるのです。現在、当社の拡張し続ける製品範囲は5種の電動式建設機械で構成されており、この業界で最も幅広い製品群を誇ります。

さらに詳しく…

ボルボ電動式機械

次に登場するのは?

この図からわかるように、私たちの電動式建設機械製品群ははコンパクト機械から大型機に至るまで継続的に拡張し続けています。私たちにとって、建設業界の新たな未来を構築する希望に満ちた挑戦でもあります。ご参加ください

ボルボ建設機械グループの電動化ロードマップ。コンパクトな建設機械の電動化からはじまり、重機での電動化にも着手しました。

私たちのコミットメント: ボルボグループ車両は2040年以降100%化石燃料フリーに生まれ変わります

世界をリードするメーカーとして、私たちには二酸化炭素排出量を削減する責任があります。私たちは、2040年までにバリューチェーン全体での温室効果ガス排出量がネットゼロになることを目指し、2030年には大幅な排出量削減を達成することを目標としています。

私たちの気候戦略における最優先事項は、 CO₂ フットプリントを削減する製品とソリューションを開発することです。私たちだけでは、この目標は達成できません。真の変革をもたらすには、皆様、当社のパートナー企業、そして私たちのお客様とともに取り組む必要があるのです。

関連記事

ボルボ建設機械グループは、承認された炭素削減計画を伴う科学ベースで目標の達成に取り組んでいます

炭素の影響を削減し、パリ協定の目標を達成するための誓約として、ボルボ建械グループ(Volvo CE)は、2040年までにネットゼロのバリューチェーン排出量を達成するというScience Based Targets(SBTi)の取り組みを発表しました。 2030年以降より大幅な排出削減を実現することを目指しています。

さらに詳しく…
ボルボ建械は、業界最多の電動化建機製品ラインナップで持続可能な未来を実現します

ボルボ建機(Volvo CE)は、新たに3機種(L20 エレクトリック、EC18 エレクトリック、ECR18 エレクトリック)の新しい電動コンパクト建機を市場に投入し、業界最大の電動建機のラインアップを提供することで、私たちが住みたい世界を構築するためのコミットメントを示しています。現在、合計で5つのモデルから選択することができます。

さらに詳しく…
カーボンニュートラルな未来への鍵–それは電気自動車だけではありません

より持続可能な建設業界を構築するための取り組みは順調に進展し、将来志向のカーボンニュートラルな機器を提供するための明確なロードマップがすでに用意されています。バッテリー式電動建機機器および燃料電池式電動建機製品は、こうした取り組みで主要となる構成要素です。ただし、環境への影響を低減し、住みやすい世界を構築するためには、考慮すべき要素は他にもたくさんあります。

さらに詳しく…
さらに詳しい情報が必要ですか?

メッセージをお送りください。喜んでお答えします。

お問い合わせ