Construction Equipment Japan
volvo dig assist

ボルボアクティブコントロール

常に精密な整地

ボルボアクティブコントロール

Dig Assistツールの一部であるボルボアクティブコントロールによって、各オペレーターはその能力をいかんなく発揮できます。「作業をより早く、より正確に何度でも行うことができます。疲れも少なく、現在の作業を正確かつ安全に行うことに集中することができます。」これは、自動化されたブームおよびバケットとともに、10インチVolvo Co-Pilotタブレットを使用することで実現されています。

変わらず一定の作業

毎日同一の作業を実行したならば全く同一の達成結果となります。

生産性を2倍に

従来の整地よりも最大45%早く。

ボルボアクティブコントロールの動作をご覧ください。

セミオートグレーディング

レバー1本で整地を行う場合、アーム速度はオペレーターによって手動で調整され、一方でブームおよびバケットの動作は車両が自動的に調整し、均一な整地を維持しながら希望する形状を実現します。
新機能!3D - Topconを使用した作業

常に精密な掘削

スイングコントロール
スイング動作を設定角度で自動停止させ、掘削およびトラック積載を支援します。ジョイスティック操作によってオーバーライドすることができます。


掘削動作への復帰付きバケット角度コントロール
自動バケット調整が一定の切土角度を維持します。
ボタンを一度押すことで設定角度へ戻ります。


ティルトバケットコントロール
自動ティルトバケットコントロールによって簡単にV字溝の掘削ができます。

境界制限

深さ制限
バケット先端がプリセットされた深さよりも深くならないようにして、パイプやケーブルなど地下の構造物に接触しないようにします。


高さ制限
ブームおよびバケットがプリセットされた高さよりも高くならないようにして、電線など頭上の障害物に接触しないようにします。


スイングフェンス
スイングがプリセットされた限度を超えないようにして、横方向にある障害物に接触しないようにします。

作動方法

ボルボアクティブコントロールはステアバイワイヤー技術を採用しており、ボルボの新しいエレクトロハイドロリックコントロールシステムやDig Assistソフトウェアプラットフォームと組み合わされています。

ボルボの信頼性
開発、製造、取り付けのすべては、ボルボが行っています。


迅速な整備によるアップタイムの増加
ハイドロリックパイロットラインはありません。

ボルボディーラーファインダー ホーム
ビジネスに改善をもたらす

ボルボにご相談ください。

お問い合わせ