Construction Equipment Japan

中型クローラ式油圧ショベルVolvo ECR235E

  • 23,700 - 27,840 kg
  • 129 kW
  • 0.36 - 1.44

ECR235ELクローラ式油圧ショベルは、最適化されたコンパクト設計の車両です。狭いスペースでも、性能を犠牲にすることなく、短い半径で回転できます。Tier 4 Final/Stage IVエンジンと油圧システムにより、いっそうスムーズな運転と高い生産性が実現します。

お問い合わせ 詳細・仕様が記載されたECR235ELパンフレットをダウンロードしてください。 (PDF, 2MB)
概要

小さなサイズで大きな生産性を実現

ECR235ELクローラ式油圧ショベルは、最適化されたコンパクト設計の車両です。狭いスペースでも、性能を犠牲にすることなく、短い半径で回転できます。Tier 4 Final/Stage IVエンジンと油圧システムにより、いっそうスムーズな運転と高い生産性が実現します。

仕様

こちらからこの製品モデルの主な仕様をご確認ください。詳しい情報をご希望ですか? パンフレットをダウンロードするかボルボにお問い合わせください。

運転質量 23,700 - 27,840 kg
グロス出力 129 kW
.../エンジン回転数 1,800 rpm
バケット容量 0.36 - 1.44
アンダーキャリッジ沿いの吊り上げ能力 7,790 kg
...作業半径/高さ 6 / 1.5 m
最大掘削半径 9,890 mm
最大掘削深さ 6,755 mm
掘起力、SAE J1179(通常時) 125 kN
掘起力、SAE J1179(ブースト時) 132.2 kN
剥取り力、SAE J1179(通常時) 101.3 kN
剥取り力、SAE J1179(ブースト時) 107.1 kN
全幅(ヤード・ポンド法) 3,090 mm
後端旋回半径 1,810 mm

次の車両構成に基づいています:5.7mのブーム、2.9mのアーム/ 18'8"のブーム、9'6"のアーム

画像はイメージです。実際の車両の外観および機能は、市場やモデルにより異なる場合があります。

特長
ボルボ油圧ショベル ecr235e t4f

短い回転半径

回転半径が短いため、狭いスペースでも安全かつ迅速な運転が可能です。
ボルボ油圧ショベル ecr235e t4f

快適なキャブ

設計を一新したキャブは、ROPS認定されており、全周囲への視界がさらに向上し、広くなったスペースと使いやすいコントロール装置類を備えています。
ボルボ油圧ショベル ecr235e t4f

油圧システムの性能をさらに向上

完全電子制御で高度なECO Modeを備えた油圧システムが、燃料効率と生産性のさらなる向上を実現しています。
ボルボ油圧ショベル ecr235e t4f

バケット

ボルボのバケットは、どんな作業条件にも対応できる、掘削・移動に最適のツールです。
ボルボ油圧ショベル ecr235e t4f

顧客サポート契約

顧客サポート契約は、予防保守、総合修理、その他稼動率を向上させる数々のサービスを提供します。
アタッチメント

ボルボアタッチメントを使用してこそ、当初ボルボを購入されたときに望んでおられたもの - 最大限の生産性とアップタイム - を手に入れることができます。ボルボは幅広いアタッチメントを開発・提供し、卓越した柔軟性と汎用性をお客様にお届けしています。ビジネスのチャンスを広げ、生産性を高めるアタッチメントの数々です。表示されるアタッチメントは一部の市場でご利用いただけない場合があります。ご利用いただけるアタッチメントについては、ディーラーにお問い合わせください。